任意整理を知っていますか

皆さんは任意整理という言葉を聞いたことがありますか。もしかしたら任意整理では、皆さんにはピンと来ないかもしれません。では任意整理ではなく債務整理という言葉で表現すれば、たとえそれにあまり縁のない、関係の深くない皆さんでも任意整理が一体何を意味するのかは想像がつくことでしょう。ここでは任意整理という言葉を使っていますが、寧ろ一般的には任意整理と言われることよりも債務整理と呼ばれることも多く、従って債務整理という言葉で表現したほうが世間一般にも通りがいいし、皆さんにもわかりやすいことでしょう。この任意整理、即ち債務整理について、それが一体何かを簡単に説明しますと、例えばある人がとある理由から非常に多額の借金を抱えてしまい、その返済が非常に困難になったとします。任意整理とはいわばそういった人たちを救済するべく、まずは借金の額を減額・整理し、そうすることによって今後返済が可能になる範囲内にまで借金を整理・減額します。そしてその後で新たにそれに基づいて債権者と契約を交わし、その後はその新しい契約に沿って借金を負っていた人が各債権者に対し返済を続けていくという方法です。同じような目的で借金を整理する方法は他に幾つかあって、その中でも自己破産等が比較的よく知られています。ここで取り上げる任意整理も、それらの数ある借金整理の方法の一つなのです。
任意整理が一体何なのか、皆さんには非常に大まかなところでお分かりいただいたところで、ここからは実際の任意整理の手続きについて簡単に解説をしていきます。上で借金を整理する方法は他に幾つかあって、任意整理もその一つだと書きましたが、任意整理は他の債務整理方法とは大きく異なるところが一つあります。皆さんはご存知ですか。例えばよく知られている自己破産に代表されるように、他の債務整理の手続きは裁判所で行います。ですので他の方法で借金を整理しようという場合は、裁判所で申請をし、その後も裁判所の求めに応じて裁判所に出頭することになります。つまり他の手続きの場合、そのうちの相当な部分を自分で進めていくことになります。任意整理はこれらと異なります。つまり裁判所で申請を行うのではありません。そして自分で任意整理の手続きを進めていくということでもありません。このように書くと不思議に思われるかもしれませんが、任意整理の場合任意整理の依頼者、この場合即ち借金の債務者は代理人を立てて、その代理人が依頼人に代わって債権者と交渉をすることになります。従って任意整理の依頼者は、まずは代理人を探すことが任意整理の第一歩となります。代理人は誰でもなれるというわけではありません。代理人となれるのは司法書士か弁護士です。ですから依頼者は必ず司法書士または弁護士に依頼をし、そこから任意整理の手続きを進めることになります。

Valuable information

ヨガ 養成 東京

TOKIO トリートメント

2017/11/16 更新