任意整理のあれこれ2

借金を整理する方法は幾つかありますが、そのうちのひとつが任意整理(即ち債務整理の方法です。)による方法です。他の借金整理方法とは異なり、任意整理の場合は自分で裁判所に行って申請し、その後の手続きも裁判所の指示に従って自分で行うではなく、必ず司法書士または弁護士に依頼することになります。司法書士や弁護士資格を持った専門家が任意整理をしようとする債務者の代理人となって、債権者との交渉に当たるのです。
任意整理を行う場合、債務者即ち任意整理の依頼人にとって大きなメリットが一つあります。それは任意整理を依頼すると、その後債権者からの取り立てがなくなることです。皆さんもテレビや漫画、或いは小説などで見たり聞いたりしたことがあるでしょうが、借金の債権者の中には執拗で悪質な取り立て行為をする者もいます。債務者にとってはそれが大きな心理的負担になっていることは言うまでもありません。そうした悪質な取立て行為もそうでないものも、任意整理を依頼した後は一切できなくなります。任意整理の依頼人から依頼を受けた司法書士または弁護士は、依頼者の代理人となって任意整理を受任した旨の通知を各債権者に送ります。各債権者はその通知を受け取った時点から、任意整理依頼人即ち債務者に対して、電話などによる取り立てをすることができなくなります。個人的に連絡を取ることもできなくなります。ですからそれまで債権者の取立て行為に悩まされてきた依頼人にとって、まさに福音とも言うべきでしょう。取り立て行為がなくなるだけでも、任意整理の依頼人にとっては、心理的負担が大きく取り除かれることは言うまでもありません。
先に紹介したように、自己破産、特定調停、民事再生等の他の債務整理の方法とは異なり任意整理だけは、任意整理希望者自身が手続きを進めることはできません。従って必ず司法書士或いは弁護士といった専門家に依頼し、彼らに代理人になってもらって任意整理の手続きを進めることになります。
司法書士または弁護士に任意整理の依頼をし、代理人となってもらいます。彼らは依頼人に対して、借金に関する聞き取り調査を行って、依頼人の借金に関する状況を理解することになります。そうした聞き取り調査の代理人から依頼者本人への質問内容としては、例えば各債権者の名称、住所、債務の額や利息、いつ頃から返済しているか等に及びます。皆さんがもし実際に専門家に任意整理の代理人を要請する場合は、こうした内容をしっかりと代理人に説明しましょう。代理人には守秘義務がありますので、そこで話した内容が誰か別の人に知られてしまうのではないか、といった心配をする必要はありません。代理人は任意整理の依頼者を助けてくれる存在ですから借金の内容について包み隠したりせず、困ったことなどは何でも相談するようにしましょう。

最終更新日:2015/2/5