任意整理のあれこれ3

ここでは任意整理の流れについて紹介しています。まずは前項の続きです。
代理人は任意整理依頼者から話を聞いて、借金の状況について理解したあと、今度は各債権者と連絡を取ります。それで何をするのかというと、依頼人からの話に基づいて、各債権者に対してお金の貸し借りについてわかるような、借り入れ時から現在までの取引履歴を請求するのです。代理人はこうした請求履歴を取り寄せて確認し、依頼人の話と整合させていきます。そうして各債権者からの取引履歴が揃うのを待ちます。
債権者から取り寄せた取引履歴が揃うと、代理人は今度はその履歴を利息制限法に明記された利息の制限に則して、新たに現在の債務の残額を確定していくことになります。わかりやすく具体的に言えば、取引履歴をチェックし、もしこれまでに借り入れした金額の利息、或いは既に返済した金額が利息制限法で規定されている利息を超えていた場合、それを差し引いて新たに利息制限法に沿って借金の残額を決めなおすのです。こうして新しい借金の金額とその返済方法を算出し、それを基に各債権者との話し合いをします。ちなみにここで新たに確定した負債額の返済は、その後の約3年間にわたって実行されるのが一般的です。代理人は新しい負債額及びその支払い方法について債権者と交渉をし、それで債権者と合意が得られた場合には、改めて契約に調印し、今後その内容によって借金の返済が続けられます。それが借金の完済まで続きます。

任意整理の依頼人からの依頼を受けた司法書士または弁護士が各債権者と締結した債務の返済契約に基づいて今後は依頼人が月々の返済をしていくことになります。ですが返済と言ってもこの場合の返済には実は二つの方法があります。一つは文字通り依頼人が上記の新しい契約に基づいて各債権者に対して月々の返済額を振込んでいく方法です。もう一つは、依頼した代理人の事務所に対して、各債権者への返済額のトータルの返済額1か月分を支払い、事務所の方から各債権者に対し分配して支払っていく方法です。いわば任意整理の依頼者が直接債権者に返済するか、或いは代理人をはさんで間接的に返済をしていくかということです。

Favorite

NHKオンライン
http://www3.nhk.or.jp/

2015/2/5 更新